Program プログラム

  • その他

眞田岳彦ディレクション 生命をつつむ未来繊維2
「いつもを運ぶ衣服」モニターを募集します!

終了

≪緊急時の備え≫について衣服という視点で取り組みます。みなさんのご意見をお聞かせください。

募集期間 2012年11月25日~12月10日

モニター期間 12月20日~2013年1月20日(予定)

会期: 2012年11月25日(日)~2012年12月10日(月)
会場: 生活工房

大地震などの緊急事態は時間と場所を選びません。もしもの時に、私たちはどんな行動ができるでしょうか?

このプロジェクトでは、日々の生活の心の豊かさを考えながら、緊急時に備える「いつもを運ぶ衣服」を衣服造形家・眞田岳彦氏デザインのもと制作しました。

この衣服は、通常はバッグとして、緊急時にはポケットの多いフード付きベストとして活用できます。災害などの非常時に携帯しておきたいものは、それぞれのいる場所や立場で違ってくるはずです。あなたならどのように使いますか?

今回、この「いつもを運ぶ衣服」を実際に着用していただき、モニターとしてアンケートにご協力いただける方を若干名ですが募集いたします。お寄せいただいたご意見は2013年3月に開催予定している、日常と非日常をテーマにした展覧会(会場:生活工房)でご紹介させていただく予定です。

 今回、幅広い世代や家族構成、活用場所でご使用いただきご意見を賜りたく、勝手ながら、お申込みいただく際には、下記の条件が可能な方、また下記の事柄について必ずご明記のうえ生活工房までメールでお申し込みお願い致します。選考については生活工房で行い、結果をご連絡いたします。

 【モニター期間】2012年12月20日~1月20日(予定)

【募集人数】10組程度(予定)

【申込みしめきり】2012年12月10日(月)

 

【申し込みの条件】

■2012年12月20日までに、生活工房まで「衣服」を受け取りに来られる方

 ※貸出の際は、スタッフから使用上の注意事項を説明の上お渡しとなります

 ※宅配便などでの配送はいたしません。

■また、2013年1月20日~27日の間に直接、生活工房に返却可能な方

※返却の際は、アンケート用紙とあわせてご感想をお伺いする場合があります。

 

【申し込みの際メールに明記いただく事柄】

■申込み者名(責任者)

■連絡先

■使用予定場所

【1】   自宅での緊急用として

【2】   職場/施設での緊急用として

■【1】の場合

□一人暮らし/家族(○人家族)→家族構成

□家族年齢構成

 ■【2】の場合

□職種/施設概要  例:デザイン事務所のスタッフ用として

 

■応募動機(簡潔に100字くらいでまとめてください)

 

■以下の項目にお答えください。

□ 緊急時に備えて気になっていること

□ 緊急時に備えて携帯できると便利だと思うもの

 

◎モニター時にアンケートでお答えいただきたいこと(予定)

※実際のアンケート用紙は「衣服」貸出時に一緒にお渡しいたします。

・あなたがこの「衣服」を日常的に設置した場所

・あなたがこの「衣服」に備えとして携帯したもの

・あなたがこの「衣服」に追加としてプラスしたい機能 等

※みなさまのご協力お待ちしております!

 

News お知らせ

Pagetop