Program プログラム

  • その他

第3回 世田谷区芸術アワード”飛翔” 応募作品(企画)募集

終了

若手アーティストを奨励・支援する芸術賞の募集です。生活工房では<生活デザイン>部門を募集します。

会期: 2012年05月01日(火)~2012年09月02日(日)
会場: その他

世田谷区とせたがや文化財団では、文化・芸術分野で活躍する優秀な人材の育成を目的として、<生活デザイン><舞台芸術><音楽><美術><文学>の5つの部門を対象に、次代を担う将来性のあるアーティストを奨励・支援します。受賞者には創作支援金を交付し、翌2013年度に区内の施設などにおいて作品等を発表していただきます。

 

 * * * * *

 

■共通募集要項■
将来にわたって文化・芸術活動を継続的に展開していく意志・意欲のある個人またはグループで次の(1)~(6)の要件をすべて満たしていること。
(1)下記の①または②のいずれか、または両方を満たすこと。
①世田谷区内に在住、在勤、在学(高校・大学・大学院・専門学校など)、または主な活動場所を設け、文化・芸術の創造活動を継続的に行っていること。 
②世田谷を舞台とした、もしくはイメージした作品または世田谷にゆかりのある人物・歴史・出来事などをモチーフとした作品を制作できること(こちらの枠で応募される場合は、翌年度に予定している受賞記念の発表作品についても同様とします)。
(2)個人の場合は、2012年4月2日現在で15歳以上35歳以下であること。
(3)グループの場合は、2名以上で、代表者が上記(1)の①または②を満たし、かつ上記(2)に該当していること。
(4)受賞した場合、翌2013年度内の主催者が設定する時期および会場で作品等を展示・発表できること。
(5)過去に本アワード芸術賞を受賞した経験のないこと。 
(6)各部門で示すその他の要件を満たすこと。

 

■受賞人数と発表支援■
◆芸術アワード“飛翔”5名(または5グループ)以内
◆創作支援金50万円(うち30万円は、受賞記念発表の必要経費の支援として翌2013年4月以降に支給します)
◆翌2013年度の「受賞記念発表」に向けて一定の支援をします。

 

 * * * * *

 

■<生活デザイン部門>募集要項■
全部門の応募資格に加え、次の要件を満たす方。
◆受賞した場合、翌2013年秋(9~11月)のいずれかの1週間に限り、デザイン活動全体(受賞作品を含む)を、生活工房ギャラリーまたはワークショップルームで展示・紹介できること。

 

■<生活デザイン部門>募集対象分野■
平面、立体、映像、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、環境デザイン、建築デザイン、コミュニティデザイン、ワークショップの企画 など

 

■<生活デザイン部門>応募方法・締切■
(1)「共通応募用紙」に必要事項を記入のうえ、生活デザイン部門の審査に必要な下記「応募資料」も作成し、あわせて提出してください。
「共通応募用紙」のダウンロード(PDFデータ)
(2)「共通応募用紙」および「応募資料」を応募期間(本応募要項配布時~9月2日消印有効)内に、下記「応募先」まで郵送または直接お持ちください。

 

■<生活デザイン部門>応募資料■
(1)これまでの「活動経歴」(必須)
(2)これまでに実施した「活動実績」(必須)
(3)今回応募するデザイン活動の「企画書」(必須)
(4)ポートフォリオ(任意)
上記資料のうち、(1)~(3)については応募フォーマットをダウンロードしてご記入ください。
また、上記「応募資料」のすべてを紙出力およびデータ形式により提出してください。
【紙出力】A4サイズ 【データ】CD-Rに保存したPDFデータ
「応募資料」応募フォーマットのダウンロード(PDFデータ)

 

■<生活デザイン部門>選考(一次審査)■
提出された「共通応募用紙」と「応募資料」について、全点審査を基本として生活工房が一次審査したうえで、「世田谷区芸術アワード審査会」が受賞者を選考します。

 

■<生活デザイン部門>受賞記念発表■
受賞者には、翌2013年秋(9~11月)のいずれかの1週間に限り、生活工房ギャラリーまたはワークショップルームで受賞作品を発表・展示していただきます。
なお、その際あわせて受賞者によるプレゼンテーションなどの関連イベントも開催します。

 

■<生活デザイン部門>お問い合わせ・応募先■
世田谷文化生活情報センター 生活工房「アワード係」
〒154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー5階
電話:03-5432-1543/fax:03-5432-1559
Eメール:info@setagaya-ldc.net

 * * * * *

News お知らせ

Pagetop