ワークショップ/セミナーの申込方法 ※各プログラムによって申込み方法が異なりますので、詳しくはプログラムの詳細をご確認ください。
 ・電話    03-5432-1543
 ・往復ハガキ [希望イベント名・希望日・住所・氏名・年齢(学生は学年も)・電話番号を明記の上、下記宛先まで]
        ハガキ:154-0004 世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー 生活工房宛
 ・メール   プログラムの申し込みフォームより入力の上、ご連絡下さい。プログラムの申し込みフォームはこちら

2013.12.20~2014.01.19

  • 展示

祝い集うデザイン展

【同時開催】の

眞田岳彦ディレクション・デザイン/生命をつつむ未来繊維vol.3

集う衣服展 関連企画

2013.12.20~2014.01.19

  • 展示
  • ワークショップ

生命(いのち)をつつむ未来繊維vol.3

眞田岳彦ディレクション・デザイン
集う衣服 展
~米に集い、集うことで豊かに生きる 

 

衣服造形家・眞田岳彦氏が「集う」をテーマに制作した作品「プレファブコート“ライス”せたがや」(日本産の稲穂を原料に含有したコート)の展示とともに「心の安らぎ」と繋がる本当に豊かな生活とは何かを考察します。

入場無料

※12月29日~1月5日は年始年末休館

2013.12.07~2013.12.08

  • イベント

知の航海2013 ふゆまつり
まちのまつりごと

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。

わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、

そして残された記憶をめぐり、これからのまちの姿を考える2日間。

講演、ワークショップ、出店、活動展示などで盛りあがる複合イベントです!

2013.12.07

  • セミナー

知の航海2013 まちのまつりごと講演1

石山修武(建築家)
「開発とまちづくり~世田谷式生活はありうるか?」

時とともに移ろいゆくまちの姿――。

高齢化、待機児童、駅前再開発など

都市構造の変化とともに「地域」のあり方が問い直される中、

わたしたちが住むまちの姿を考える講演です。

Photo:Ichiko Uemoto

2013.12.08

  • セミナー

知の航海2013 まちのまつりごと講演2

保坂和志(小説家)×湯浅学(音楽評論家)
「失われる情景を見て聴き書く」

時とともに移ろいゆくまちの姿――。

高齢化、待機児童、駅前再開発など

都市構造の変化とともに「地域」のあり方が問い直される中、

わたしたちが住むまちの姿を考える講演です。

 

Photo:Ryosuke Kikuchi

 

2013.11.13~2013.12.13

  • セミナー

朗読講座 豊かな言葉の世界 [2013年度11月期]

暮らしを豊かにすることばの世界を、「朗読」を通して楽しむ講座です。 NHK日本語センターアナウンサーが講師となり、声の出し方、聞き手に伝えるための読み方を、少人数セミナーで丁寧に指導します。 水曜日の午前・午後、木曜日の午後、金曜日の午後と、4つの時間帯を設定。ご都合に合わせてクラスをお選びいただけます。

2013.11.15~2013.12.15

  • ワークショップ

日本の伝統文化と歳時記VOL.4
日本人の美意識としての“黒色”


色彩からの「黒」を主題として、日本人が育んだ美意識、伝承されてきた暮らしの知恵や効果を考察する展覧会。

2013.11.30~2013.12.01

  • セミナー
  • ワークショップ

暮らしのセミナー+ワークショップ「マイ・エンディング・ノート」


自分の想いを未来に伝え残すための「エンディングノート」。

オリジナルノートとインクをつくり、大切なことを綴りはじめましょう。

2013.10.27、2013.11.10、2013.12.08

  • ワークショップ

中学生プラグインハイブリッド教室
「次世代車を組み立てよう!」

注目を集める次世代車=プラグインハイブリッド(PHV)

環境やエネルギーについて学び、

プラグインハイブリッドを組み立て、乗ってみよう!

2013.04.28~2014.04.05

  • 展示

2013年度「ギャラリーカフェくりっく」展示

カフェの壁面が市民作品のアピールの場です。公募したアート作品企画を月替わりで展示しています。

 

主催:生活工房

 

  • その他

生活工房 2017年度スケジュール

生活工房の2017年度の年間予定です。
詳細は、決まり次第掲載しますので、リンク先のページをご覧ください。

News お知らせ

Pagetop