下中菜穂

造形作家、もんきり研究家
下中菜穂

Q1.生活という単語を別の言葉に置き換えると?

くらし。
暮し→暗し→日は暮れまた登る。明と暗、生と死。苦と楽。繰り返すこと、それが生活?

Q2.どうしても暇なとき、何をしますか?

自転車(または徒歩)で街や野山を歩き回る。そのうちに必ず何かを見つけて観察する。拾う。並べる。写真を撮る。録音する。すると何故かたちまち時間がたってしまう。あるいは図書館にいく。すると暇ではなくなる。

Q3.世田谷区内でよく行く場所を教えてください

三軒茶屋の三角地帯(饅頭とミミの美味しい包包、豆専門店の豆商・はたの など)

しもなか・なぼ/SHIMONAKA NABO

1960年千葉県生まれ。江戸時代の『紋きり遊び』を通して「かたち」に込められた祖先の暮しぶりや精神を紹介。「文様を暮らしの中で楽しむ」文化や手仕事を現代に蘇らせるべく、出版やワークショップ、展覧会などを展開する。

更新日:2018年10月05日

「ひとびと」に戻る