Program プログラム

  • セミナー

朗読講座 豊かな言葉の世界[2015年度2月期]

終了

暮らしを豊かにすることばの世界を、
「朗読」を通して楽しむ講座です。
NHK日本語センターアナウンサーが講師となって、
声の出し方、聞き手に伝えるための読み方を、
少人数セミナーで丁寧に指導します。

会期: 2016年01月27日(水)~2016年02月26日(金)
会場: セミナールームA(5F)

水曜教室 午前・午後講座 シリーズ〈名作を読む〉
1月27日(水)・2月3日(水)・17日(水)・24日(水) 各回午前10:30~12:30/午後13:30~15:30
講師:岩井正(NHK日本語センター)
朗読作品:森鷗外著「最後の一句」

死罪の父親を助ける代わりに、自分の命を差し出すという16歳の娘「いち」の、
「お上の事には間違いはございますまいから」という最後の一句。
奉行は驚愕し、献身のうちに潜む反抗の鋒(ほこさき)が、役人一同の胸を刺します。
名作の名場面を読みます。 

 

木曜教室 午後講座 シリーズ〈はじめての朗読〉
1月28日(木)・2月4日(木)・18日(木)・25日(木) 各回午後13:30~15:30
講師:秋山隆(NHK日本語センター)
朗読作品:伊藤左千夫著「野菊の墓」

江戸川の矢切の渡し付近の静かな田園を舞台に、
15歳の政夫と2つ上の民子との幼い、清純な恋物語。
映画では多くの人の涙を誘いました。
夏目漱石が「悲しい、美しい物語」とほめた名作を鑑賞して、
声にして語りましょう。 

 

金曜教室 午後講座 シリーズ〈はじめての朗読〉
1月29日(金)・2月5日(金)・19日(金)・26日(金) 各回午後13:30~15:30
講師:金野正人(NHK日本語センター)
朗読作品:夏目漱石著「坊っちゃん」

前回テキストにした「三四郎」より少し前の作品です。
28歳の漱石が愛媛県尋常中学校(松山中学)に赴任した当時の体験を背景とした、
漱石初期の代表作です。
文字を読むのでなく、
滑稽と人情の巧みな交錯となった作品の内容を話してみましょう。 

 

受講料:各講座とも料金4回分
    一般20,500円、アーツカード会員*18,500円
定員:申し込み先着15名
会場:生活工房セミナールームA
*アーツカード会員…世田谷在住の15歳以上の方は、「せたがやアーツカード」の入会(無料)で受講料が割引になります。
詳細はせたがや文化財団ホームページhttp://www.setagaya-bunka.jp/artscard/をご覧ください。

 

問い合わせ・申し込み方法は、(一財)NHK放送研修センターのウェブサイトをご覧ください。
*募集終了後は、リンク先のページが削除されている場合があります。

News お知らせ

Pagetop