Program プログラム

  • セミナー
  • イベント
  • その他

身近な国際協力について考える2日間 カフェ/トーク・イベント
たとえばカフェに行ってみる

終了

国際協力ってなんだろう?
ひとつの地球で暮らすわたしたちに今できること――
たとえば、おいしく食べて、他の人も幸せにできる活動について。

生活工房/TFT-UA(テーブル・フォー・ツー大学連合)

会期: 2010年12月18日(土)   2010年12月19日(日)  
会場: セミナールームA(5F) / ワークショップA(4F)

生活工房を会場に、飲食代の一部がNPO 法人テーブル・フォー・ツー*を通じて開発途上国の子どもの学校給食になるヘルシーメニューのカフェを2 日間限定でオープンします。あわせて、国際協力へのさまざまな関わり方について知るトーク・イベントをおこないます。

* テーブル・フォー・ツー/TABLE FORTWO(TFT)とは
「先進国の私たちと開発途上国の子どもたちが、時間と空間を越え食事を分かち合う」というコンセプトのもと、世界の食の不均衡の問題解決に取り組む、日本発のNPO です。TFTプログラムでは、1 食につき20円が開発途上国の子どもの学校給食になります。


■カフェ開店時間
18日(土)11:00-14:00、16:30-18:00/19日(日)11:00-18:00
※カフェのメニューは有料です。
料理: たかはし よしこ
menu
・ピンクポトフと雑穀ごはんのランチプレート(ルワンダコーヒー or お茶 付)1,000円
・カフェメニュー(当日のお楽しみ) 500円
・ルワンダコーヒー 200円、お茶200円、ジュース 
ほか

■トークセッション
●「たとえばエコロジーについて考えてみる」
田中優(未来バンク代表)×上村悠也(TFT-UA代表)
【会期】12月18日(土)

●「たとえば社会と企業について考えてみる」
伊藤健(ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京 パートナー)×上村悠也(TFT-UA代表)
【会期】12月19日(日)

【参加費】1,000円(ドリンク・おやつ付) ※高校生以下は500円割引、せたがやアーツカード持参で200円割引
【定員】各日30名(先着)

【パネリストプロフィール】
●田中優(たなか・ゆう)
1957年東京都生まれ。地域での脱原発やリサイクルの運動を出発点に、環境、経済、平和などの、さまざまなNGO活動に関わる。現在「未来バンク事業組合」 理事長、「日本国際ボランティアセンター」「足温ネット」理事、「ap bank」監事、「一般社団 天然住宅」共同代表、「信頼資本公益財団」理事、「NPOバンク連絡会」、「天然住宅バンク」代表を務める。立教大学大学院、和光大学大学院、大東文化大学の非常勤講師。『世界から貧しさをなくす30の方法』(合同出版)、『ヤマダ電機で電気自動車(クルマ)を買おう』(ランダムハウス)、『幸せを届けるボランティア 不幸を招くボランティア』(河出書房新社)他、著書・共著書多数。
●伊藤健(いとう・けん)
国内の大学在学中にNPO活動にスタッフとして関わる。卒業後、日系メーカー勤務、米国MBA留学を経て、帰国後、GE Internationalに勤務。2005年よりソーシャルベンチャー・パートナーズ東京へパートナーとして参加。2008年にGEを辞してNPO法人ISLで社会起業家の支援育成プログラムの運営に携わる。2010年より慶應義塾大学政策・メディア研究科後期博士課程に在籍し、社会イノベーションについての研究を行なう傍ら、シンガポールに本部を置くAsian Venture Philanthropy AssociationのJapan Advisorとして活動中。
●上村悠也(かみむら・ゆうや)
東京外国語大学総合国際学研究科国際協力専攻 修士課程1年。TFT-UA(TABLE FOR TWO大学連合)代表。中学から8年間サッカー部に在籍。アフリカの少年兵の本に衝撃を受け、2008年から国際協力活動を始める。「すべきこと」ではなく「できること」を尺度に活動を行う中で、2009年3月にTFTに出会う。同年11月、全国で初めて学園祭において多数料理店で一斉にTFTを実施。2010年1月より、TFT-UA代表。合言葉は「1人の100歩より、100人の1歩ずつ」。


■出張オープン 地球雑貨ふろむ・あーす
お買い物が国際協力になるショップをオープン。フェアトレードや地球と体にやさしい食品を販売します。
開店時間:13:00から17:00(両日とも)

後援:世田谷区

News お知らせ

Pagetop