Program プログラム

  • セミナー

哲学対話 PARA SHIF パラシフ

EVENTあり 51

世界の捉え方はいつだって更新していける

会期: 2019年02月02日(土)   2019年02月09日(土)  
時間: 19:30~21:30
会場: その他

まちの学び舎で過ごす哲学の夜

PARADIGM SHIFT(パラダイム・シフト)、それは当たり前と思っている考え方がガラリと劇的に変わる体験のこと。

本企画は、哲学者との対話から、日々の生活にPARA SHIF(パラシフ)を起こすことを目指す、大人のための哲学ゼミナールです。
古くから哲学者たちは、社会の問題や構造を見つめ、人々の“当り前”を塗り替える新たな概念(ものの見方)を提示してきました。

概念を学ぶことは、日常の中に新たな視野を獲得することであり〈既知〉を〈喜知〉へと変えてゆく力を身に着けることでもあります。
PARA SHIFで自分の世界観をアップデートし、あなたの中に“日常事変”を起こしてみませんか。


 

PARA SHIF(パラシフ)に寄せて
大昔、古代ギリシアの哲学者は「哲学の始まりは驚きだ!」と言いました。

驚くというのは、自分が目撃したものを「当たり前」と思って片付けることができない時に現れる心の状態です。

哲学の始まりが驚きならば、哲学者とは驚くことの専門家なのだ、とも言えるかもしれません。

でも、誰にでも驚くことがあるのではないでしょうか? そう、誰でも驚きます。

ということは誰でも哲学の始まりには触れることができるのです。

哲学者と呼ばれてきた人たちに何か違いがあるとしたら、それは彼らが驚きをずっと維持して、「うーん」と悩み続けたことです。

実に長い間驚きを維持することで、哲学者たちは様々な概念を生み出してきました。

哲学者は概念を生み、そして概念によってその驚きがもたらした問題に答えようとするのです。

すると概念には、「当たり前」と言って片付けられてしまうものを、当たり前でなくする力があることになります。

それは驚きを何らかの形にしたものなのですから。

このゼミナールは講師の案内のもと、そんな概念の生き生きとした姿に触れながら、

日常の様々な問題について考える手がかりを得るための場です。                         國分功一郎



 

國分功一郎(こくぶん・こういちろう)
1974年生まれ。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。
専門は、スピノザ、デカルトなど17世紀ヨーロッパ哲学と、ドゥルーズ、フーコー、デリダなど

20世紀フランス哲学。
2011年に刊行した『暇と退屈の倫理学』(太田出版)が、人文書として異例のベストセラーに。

最新刊『中動態の世界 意志と責任の考古学』(医学書院)では、「意志」や「依存」などを

出発点に古代言語の文法を論じ、小林秀雄賞を受賞。
Eテレの哲学番組『哲子の部屋』の監修・出演やテレビ朝日『報道ステーション』のコメンテーターをつとめるなど、鋭い視点で現代の問題を論じることができる今最も活躍する哲学者のひとり。



2月2日(土)中動態

自分でなにかをするのが「能動態」。誰かに何かをされるのが「受動態」。私たちは身の回りに起こることを、どちらかに振り分けます。ところが古代の言語には、そのどちらとも異なる「中動態」がありました。中動態の概念によって、「する」/「される」とは違った別の世界が開けます。その時、私たちの考え方はどう変わるでしょうか?

哲学対話 PARA SHIF パラシフ[中動態]
日時:
  2019年2月2日(土)19:30~21:30
哲学者: 國分功一郎
参加費: 4,000円(お茶・お菓子付)
定員:  20名(応募者多数の場合は抽選)

会場:  SNOW SHOVELING(スノウ・ショヴェリング)BOOKS & GALLERY
      東京都世田谷区深沢4-35-7 2F-C(PATISSERIE NAOKIのビル 駐車場の奥の階段から2階へ)

      東急バス:渋谷駅発【渋82】 恵比寿駅発【恵32】 自由が丘駅発【自01/自02】バス停「深沢不動前」下車 徒歩1分
      東急田園都市線駒澤大学駅/桜新町駅、東急大井町線等々力駅より徒歩約20分



申込方法:11月25日(日)10:00から申込受付いたします。
     2019年1月10日(木)[必着]までに、下の申込フォームより、
    「その他、お問い合わせ内容」の欄応募理由を明記の上、お申し込みください。
     ※YouTubeへの一部公開を前提として撮影が入ります。ご了承の上お申込みください。

お問合せ:生活工房 03-5432-1543

プログラムに申し込む

2月9日(土)自由

自由であるとはどういうことでしょう? 自分の思い通りに振る舞うことができた時、人は「自由である」と感じます。けれども、「自分の思い通り」と思っていることも、実は何かに決定されているかもしれません。原因のない出来事は存在しないからです。ならば自由は人間の勘違いなのでしょうか? 哲学者たちの「自由」の概念を学びながら、この難問に挑みます。

哲学対話 PARA SHIF パラシフ[自由]
日時:
  2019年2月9日(土)19:30~21:30
哲学者: 國分功一郎
参加費: 4,000円(お茶・お菓子付)
定員:  20名(応募者多数の場合は抽選)

会場:  SNOW SHOVELING(スノウ・ショヴェリング)BOOKS & GALLERY
      東京都世田谷区深沢4-35-7 2F-C(PATISSERIE NAOKIのビル 駐車場の奥の階段から2階へ)
      東急バス:渋谷駅発【渋82】 恵比寿駅発【恵32】 自由が丘駅発【自01/自02】バス停「深沢不動前」下車 徒歩1分
      東急田園都市線駒澤大学駅/桜新町駅、東急大井町線等々力駅より徒歩約20分



申込方法:11月25日(日)10:00から申込受付いたします。
     2019年1月10日(木)[必着]までに、下の申込フォームより、
    「その他、お問い合わせ内容」の欄応募理由を明記の上、お申し込みください。
     ※YouTubeへの一部公開を前提として撮影が入ります。ご了承の上お申込みください。

お問合せ:生活工房 03-5432-1543

プログラムに申し込む

*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会

こんなプログラムも…

NPO・市民活動のためのステッ...

より良い組織づくりのために不可欠な「広報」。講座を通じて、これからの組織運営を見据えた「ヒント/コツ」を... もっと見る

プライベート・コレクション展 ...

2019年6月に開催する展覧会に、自宅の絵画・彫刻を貸出していただける方を探しています。 もっと見る

日常を見限らない―音と身体のワ...

研究者やアーティストとともに五感をフル活用し、生活の中で起こっていることと丁寧に向き合う方法を学び・体験... もっと見る

冷蔵庫/ICE BOX 潮田登...

ごく普通の家庭にある冷蔵庫の外側と内側を撮影した、潮田登久子氏による2枚組のモノクロ写真シリーズを展示し... もっと見る

Pre2001 Project ...

20世紀の終わりにいいたいことがある もっと見る

NPO・市民活動のためのステッ...

「組織づくり」「人材の育成・活用」 の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュ... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

「情報」を自分自身で収集しながら、新しい見方や思考方法をワークショップで体験する連続講座です。情報を組み... もっと見る

NPO・市民団体のためのステッ...

「組織づくり」「活動資金」の視点から課題解決のヒント/コツを学び、団体活動の運営におけるコミュニティづく... もっと見る

クレオール・ニッポンの旅 ―無...

“うたう旅人”松田美緒さんが見つけた ハワイ・ブラジル・日本に残された音楽を通して、 私たちの暮... もっと見る

イシス編集学校×生活工房「情報...

昨年度好評だった「情報力編集講座」を軸にして、本年度の講座では、情報を自分自身で収集しながら、文章を書く... もっと見る

インタースコア・ワークショップ...

イシス編集学校との連続講座、好評につきふたたび登場! 社会や仕事や日々の暮らしをどう「編集」して、新しい... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

男性のための 自分の「好き」を...

イシス編集学校との共催企画第2弾は、 「着物」がテーマの編集ワークショップ。 男性には少し縁遠い着物の世界... もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

穴アーカイブ:an-archi...

記録の穴を手がかりに それぞれが記憶を持ち寄って みえない景色をみる試み   8ミリフィルムと せた... もっと見る

いぬと、ねこと、わたしの防災 ...

災害時にペットを守るため、そして避難先で起こる問題を想定し、ふだんからどんなことができるか、いっしょに考... もっと見る

MADE IN OCCUPIED...

戦後70年、 Made in Occupied Japanの陶磁器が伝える平和のメッセージ もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

三軒茶屋 三角地帯 考現学

世田谷通りと国道246に挟まれた、通称・三角地帯。 店舗の営みやそこを訪れる人々をイラストレーションで記録し... もっと見る

食べることの未来 石倉敏明×藤...

連続講座「知の航海」最終回は 人類学者の石倉敏明さんと現代史研究者の藤原辰史さんを迎え 未来の... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.2 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第2回は、清野由美さん(ジャーナリス... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.3 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第3回は、原田信男さん(国士舘大学教... もっと見る

連続講座・知の航海 VOl.4 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。  第4回は、佐々木俊尚さん(ジ... もっと見る

連続講座・知の航海 Vol.1 ...

“大人の知的好奇心を満たす”ための連続講座。 第1回は、菊地成孔さん(音楽家)と坂村健さ... もっと見る

空き地農業 都市・農・人の新た...

農地を拓き、地域も拓く。 人が集う「農園」のあり方を参考に、 都市と農、そして地域について考え... もっと見る

知の航海2013 ふゆまつり ...

時とともに人も建物も移り変わる「まち」。 わたしたちの「まち」が直面する開発や住民自治、 そし... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 まちのまつり...

時とともに移ろいゆくまちの姿――。 高齢化、待機児童、駅前再開発など 都市構造の変化とともに「地... もっと見る

知の航海2013 vol.1 ...

伸び悩む成長率、産業の空洞化、広がる格差…… 「小商い」という経済活動から 少子高... もっと見る

知の航海2012 ぐるぐるエネ...

食べることは、生きること。 気鋭の哲学者・國分功一郎さんを迎え、 私たちの生活を一歩前に進める... もっと見る

知の航海 特別編 「東日本大震...

被災地の記録写真を見ながら、震災直後から現在までのお話を伺います。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop