Program プログラム

  • 展示

坂 茂 ― 紙の建築と災害支援

終了

世界的に活躍する建築家・坂茂の活動を紹介します。
近年頻発する自然災害のなかで人々の「住まい」がいかにあるべきか、坂茂の建築と活動を通して考える展覧会です。

写真:紙の大聖堂(クライストチャーチ)2013年
撮影:Stephen Goodenough

会期: 2015年11月28日(土)~2015年12月20日(日)
時間: 11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場: ワークショップA(4F) / ワークショップB(4F) / 生活工房ギャラリー(3F)

坂茂の建築の特徴は、「紙管」をはじめとする身近な材料の特性を見出し、
独自の構造や工法へと展開することにあります。
これまでに、《紙の家》(1995年)や《ハノーバー国際博覧会日本館》(2000年)など、
個人住宅から公共施設まで多岐にわたり手掛けてきました。

また、自身の知識と経験を活かした災害支援活動を続けており、
阪神淡路大震災では、紙管を使った《紙の教会》(1995年)や、
被災者のための仮設住宅《紙のログハウス》(1995年)をつくり、
東日本大震災では避難所の環境を改善する《避難所用簡易間仕切りシステム》(2011年)を設置しました。
ニュージーランド・クライストチャーチでは、大地震で大聖堂が崩壊してしまったことを受けて
《紙の大聖堂》(2013年)を設計するなど、世界各地で災害支援活動を行っています。

この展覧会では、近年頻発する自然災害のなかで人々の「住まい」がいかにあるべきか、
坂茂の建築と活動を通して考えていきます。

坂茂(ばんしげる)
建築家。1985年、世田谷に坂茂建築設計を設立。紙管やコンテナなどを利用した建築や災害支援活動で知られる。
2009年日本建築学会賞作品賞、2014年フランス芸術文化勲章(コマンドゥール)、同年にプリツカー賞を受賞。
坂茂建築設計:www.shigerubanarchitects.com

親子体験ワークショップ「避難所をつくろう!」

自分の手で紙管による避難所を組立てます。
非常時の備えに必要なものは何かをみんなで一緒に考えるワークショップです。

日時:12月12日(土)15:00〜16:30 
会場:生活工房セミナールーム(キャロットタワー5F)
進行:原野泰典(坂茂建築設計)
対象:小学3年生以上の親子2人1組
定員:抽選20組
参加費:500円


申込方法:12月2日(必着)までに、以下のいずれかの方法でお申込みください。
     申込み多数の場合は抽選となります。 ※申込みは締め切りました。

     1. 下段の申し込みフォームより
     2. 往復ハガキにて、氏名、年齢、住所、電話番号を明記の上、
        〒154-0004東京都世田谷区太子堂4-1-1 生活工房「避難所をつくろう参加希望」係まで

*

主催:公益財団法人せたがや文化財団 生活工房
企画制作:株式会社 坂茂建築設計/ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク
協力:旭・デュポンフラッシュスパンプロダクツ株式会社

こんなプログラムも…

生活工房20周年記念 眞田岳彦...

「赤」に込められた日本人の願いを、染織、衣服をはじめとする生活に関わる領域から考察する企画展。 もっと見る

食べられるセミナー「夜と生活工...

夜に訊く、塩と肉のはなし。 もっと見る

始末をかくエキシビション 生活...

劇作家・岸井大輔を中心としたアーティスト集団「始末をかく」。アーティストや俳優、パフォーマーといった多彩... もっと見る

新年を祝う お正月飾りづくり ...

ゆく年への感謝と、新しい年への願いを込めて 注連縄をつくります。  もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

~市民活動のチカラ~ 防災ワー...

世田谷区は、市民活動が活発な地域でもあります。 様々な団体が地域に根差した幅広い活動を行っています。 生活... もっと見る

市民活動支援コーナーの日々展2...

今年度も市民活動団体の活躍の場、市民活動支援コーナーの日常の様子を紹介します。 もっと見る

イシス編集学校×生活工房 先ど...

イシス編集学校による連続講座を開講! さまざまな分野をつなぎ、新しい見方(スコア)や関係を創りだす、共... もっと見る

DAYS JAPAN写真展20...

日本のフォトジャーナリズム誌として、世界の真実の姿を伝えてきた月刊誌『DAYS JAPAN(デイズ・ジャパン)』。... もっと見る

市民活動・NPO活動を支えるコ...

今年度の市民活動支援講座は「コミュニティづくり」がテーマです。今回の講座ではコミュニティづくりの大切さと... もっと見る

WASHINOITO 未来を着...

和紙を着ることは未来を着ること。 ファッションデザイナー浜井弘治氏とともに和紙にこめられた先人の知恵に触... もっと見る

第4回世田谷区芸術アワード“飛...

不用になった傘を使ったプロダクトの制作やワークショップを展開するCASA PROJECT。 身近な傘を通して、これか... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

DAYS JAPAN写真展20...

報道写真誌『 DAYS JAPAN 』が主催する【 DAYS 国際フォトジャーナリズム大賞】本年度の受賞作による写真展を... もっと見る

「ブナ帯☆ワンダーランド」展

燃えるような紅葉の秋 音も消える白銀の冬 雪解けの轟音とともに山菜の芽吹く春 そして軽やかな夏のブナの森... もっと見る

眞田岳彦ディレクション 羊と手...

衣服造形家・眞田岳彦氏が、日本各地の羊毛に関わる仕事場を訪ね、その風土と技術で育まれてきた日本の羊毛文... もっと見る

スーツの生地で作る冬のヘアバンド

【モッズスーツと洋服の並木 関連イベント】 スーツを作る時に出てしまう様々な生地を使って 冬に... もっと見る

モッズスーツと洋服の並木

3つボタンの細身のスーツ=モッズ・スーツで 知られる 「洋服の並木」。 ミュージシャンからお笑い芸... もっと見る

DAYS JAPAN写真展20...

フォトジャーナリズム誌『DAYS JAPAN』が主催する『第10回DAYS国際フォトジャーナリズム大賞』の受賞作を中心と... もっと見る

世田産-setasan  ~セ...

昨年度、「第3回世田谷区芸術アワード”飛翔”」《生活デザイン》受賞発表展として、好評を博した『... もっと見る

第3回 世田谷区芸術アワード“飛...

  渋谷のアクリル職人と世田谷の昭和女子大学のコラボレーション。 職人の技をリサーチして、素材と... もっと見る

DAYS JAPAN写真展20...

  “世界の過酷な現実”を伝える報道写真誌『DAYS JAPAN』が主催する【DAYS国... もっと見る

DAYS JAPAN (デイズジ...

報道写真誌「DAYS JAPAN」が主催する「DAYS国際フォトジャーナリズム大賞2012」の受賞作による写真展。 ... もっと見る

アトツギ —山と里、庄内にまな...

日本の伝統食-私たちは何を食べ継いできたか 展示と関連イベントから「食のアトツギ」について考えます。 ... もっと見る

「聞きながら綴る 出羽三山 精進...

11月から展示に先立ち、「精進料理」をテーマにしたワークショップとトークセミナーを開催します。  ... もっと見る

玉田多紀 作品/活動発表展 「...

創造を超えた“ド迫力”のダンボール作品 世田谷区/生活工房 もっと見る

News お知らせ

Pagetop