Program プログラム

  • セミナー
  • ワークショップ
  • その他

7つの海と手しごと〈第3の海〉 「地中海とトルコのイーネオヤ」

終了

イスラムの女性が母から娘へと伝え続けてきた、繊細なレース編み「イーネオヤ」の展覧会。

※会期中無休、入場無料

 

主催:生活工房

会期: 2012年06月24日(日)~2012年07月22日(日)
時間:9時~20時
会場: 生活工房ギャラリー(3F)

世界の海の暮らしを、クラフトを通して紹介していく連続企画、“7つの海と手しごと”。〈第3の海〉として、地中海とトルコのイーネオヤを取り上げます。

慣習・宗教上の理由から、髪の毛をスカーフで覆っているトルコの女性たち。そのスカーフの縁を彩る飾りが、「オヤ」と呼ばれるレース編みです。トルコでは手先の器用な女性が評価されるので、嫁入りの際にはさまざまな手芸品を持参し、披露することになっています。持参品は「チェイズ」と呼ばれ、オヤはその中でも重要な位置を占めるため、嫁入りの何年も前から母親や親類たちと一緒に用意します。オヤには使う道具・手法や素材によってさまざまな種類がありますが、中でも縫い針(イーネİğne)で作るイーネオヤは最も古いとされています。地中海から少し内陸に入った地域では、古くから養蚕が盛んでした。シルク糸産業とともに、イーネオヤは発展していったと考えられています。1本の縫い針と糸のみを使用し、結び目を作るという作業の連続によって、繊細で立体的なモチーフを編み上げていくイーネオヤ。現代では作る人も少なくなってしまいましたが、「オヤがなければ嫁にいけない」という地域もいくつも残っています。

本展では、地中海沿いの町・アンタルヤにトルコ伝統手工芸の店「ミフリ」を構える野中幾美さん所蔵の、貴重なイーネオヤほか映像などの関連資料約100点を展示します。地域ごとの特色や風習などを紹介しながら、トルコの女性たちが母から娘へと伝え続けてきた手しごとの美しさに迫ります。

過去の展覧会
■7つの海と手しごと〈第1の海〉「カリブ海とクナ族のモラ」
■7つの海と手しごと〈第2の海〉「北極海とイヌイットの壁かけ」

イーネオヤ・ワークショップ

日常の小物にも取り入れやすい、オヤの基本を学ぶ体験コースです。*各日の1回目・2回目の内容は同じです。 
a.「ステッチの練習~コースターの縁飾り」 
7月1日(日) 【1回目】10:00-12:30 【2回目】14:30-17:00
b.「モチーフに挑戦~アサガオのストラップ」
7月8日(日)  【1回目】10:00-12:30 【2回目】14:30-17:00 
講師:小島優子(オヤの会講師)
会場:5階セミナールームB
参加費:各回2,000円(材料費込み) 定員:各回10名 対象:高校生以上

 

申込方法:
1と2は5月25日(金)より受付開始。
E mail(info@setagaya-ldc.net) 
件名を「イーネオヤ」とし、イベント名・住所・氏名・年齢・電話番号を明記)
または電話(03-5432-1543)で生活工房まで。
3と4は当日直接会場へ。

講演会「イーネオヤを訪ねて」

15年にわたり、トルコ各地の村々を訪ね歩いてその土地ならではのオヤと出合ってきた野中氏。現地の写真を多数交えながら、イーネオヤの歴史と現状について解説していただきます。
7月16日(月・祝) 14:00-15:30
講師:野中幾美(「ミフリ」代表)
会場:4階ワークショップA
参加費:500円  定員:70名(申込先着順)


申込方法:
1と2は5月25日(金)より受付開始。
E mail(info@setagaya-ldc.net) 
件名を「イーネオヤ」とし、イベント名・住所・氏名・年齢・電話番号を明記)
または電話(03-5432-1543)で生活工房まで。
3と4は当日直接会場へ。

ギャラリートーク「イーネオヤ・ロード」

6月30日(土)・7月14日(土)・7月22日(日) 14:00-14:30
トーク:野中幾美(「ミフリ」代表)
展覧会場にて、参加費無料、申込不要

申込方法:
1と2は5月25日(金)より受付開始。
E mail(info@setagaya-ldc.net) 
件名を「イーネオヤ」とし、イベント名・住所・氏名・年齢・電話番号を明記)
または電話(03-5432-1543)で生活工房まで。
3と4は当日直接会場へ。

イーネオヤ販売会

下記日程・会場でイーネオヤほか関連商品の販売会を行います。
6月30日(土)13:00-17:00 5階セミナールームB
7月1日(日)・8日(日)10:00-17:00 5階セミナールームB
7月14日(土)・22日(日)13:00-17:00 3階市民活動支援コーナー「パオ」内
7月16日(月・祝)13:00-17:00 4階ワークショップA

 

申込方法:
1と2は5月25日(金)より受付開始。
E mail(info@setagaya-ldc.net) 
件名を「イーネオヤ」とし、イベント名・住所・氏名・年齢・電話番号を明記)
または電話(03-5432-1543)で生活工房まで。
3と4は当日直接会場へ。

特別協力

ミフリ、野中幾美

後援

トルコ共和国大使館/日本・トルコ協会/日本トルコ文化協会(京都)

こんなプログラムも…

食べられるセミナー「夜と生活工...

夜に訊く、塩と肉のはなし。 もっと見る

うたの記憶と出会うとき ―クレ...

来春開催予定の展覧会のプレイベント。 “うたう旅人”松田美緒と2人の人類学者をゲストに迎えて、「... もっと見る

7つの海と手しごと〈第7の海〉...

北アメリカ北西海岸沿岸の先住民たちは、集団の祖先と特別な関わりがあるとされている動物などの〈トーテム〉を... もっと見る

日本のポータブル・レコード・プ...

日常の音楽風景を彩った オモシロかわいいプレイヤー約100点が大集合! 写真:HITACHI MQ-22/ 撮影:高... もっと見る

DAYS JAPAN写真展20...

日本のフォトジャーナリズム誌として、世界の真実の姿を伝えてきた月刊誌『DAYS JAPAN(デイズ・ジャパン)』。... もっと見る

7つの海と手しごと〈第6の海〉...

インド洋に浮かぶインドネシア共和国のスンバ島。 この島独特のイカット(絣織物)、男性用の衣服「ヒンギ」と... もっと見る

7つの海と手しごと《第5の海》...

―北方民族ウイルタの文様をたどる旅― サハリン島でトナカイとともに暮らしてきた少数民族・ウイルタ。イルガ... もっと見る

7つの海と手しごと《第4の海》...

赤土の大地と褐色の肌を彩る、海のような藍。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第2の海〉...

壁かけに縫い込まれた、極北の民の暮らし。 もっと見る

7つの海と手しごと〈第1の海〉...

パナマのカリブ海沿岸に暮らすクナ族の暮らしを、「モラ」と呼ばれる美しいアップリケ刺繍を通してご紹介します。 もっと見る

News お知らせ

Pagetop